短大から大学へ|予備校選びは評判で厳選しましょう|運命を決める選択

短大から大学へ

女子学生

編入制度

短期大学のシステムは、通常2年から3年で、通常の大学より短くなっています。短期大学の中には、4年制大学と競合する学科も数多くありますが、在学期間が短いことで、履修単位も少なくなっています。また、短期大学では取得できる資格も、4年制大学より一段下となります。この短期大学の制度の一つとして、卒業後に4年制の大学に編入できることは意外に知られていません。短大を2年で終えた後、4年制大学へは3年生として編入できる制度があるのです。ただ、履修単位の内容によっては、2年生として編入することになります。短大だけの勉強では物足りないという人には、勉強を続けられる優れた制度と言えます。この制度を利用して、4年制大学卒業の資格を取得できるのです。

異なる学科への編入

短期大学から4年制大学へ編入するには、それぞれの学科が同一であることが望ましい条件です。ただ、大学によっては異なる学科からの編入も認める場合があります。編入をするためには、当然ながら編入審査が必要となります。しかし、既に短期大学を卒業している人材に対して、大学入試のような厳しい内容の試験は行われません。短大で学んだ基礎がしっかりしていれば、試験に落ちることはまずありません。この編入制度を利用して、ワンランク上の4年制大学へ移る学生も多いと言います。高卒時の受験には失敗しても、編入試験に受かって第一志望の大学に入学できたという裏技も存在するのです。4年制大学を希望しながら短大に通う人には、一つの救いとなっています。