高校受験において|予備校選びは評判で厳選しましょう|運命を決める選択

高校受験において

文房具

科目が少ない

高校への進学をするときには一般入試を受ける方法と推薦入試を受ける方法があります。一般的に一般入試では5教科の試験を行い、その合計点数と内申点と呼ばれる学校での評価を合計して合否を判定します。一方で推薦入試では入試のやり方が大きく異なり、入学試験の教科数も3教科や1教科、または面接のみといったような試験の形態をとる方法もあります。このため推薦入試においては特定の能力に秀でた子や5教科の点数では測ることができない能力を持っている生徒を評価することに使われます。試験の教科が少ないために当日の点数よりもそれまでの積み重ねてきた評価や保有をしている資格が合否に大きく影響を与えるという特徴を知っておくとよいです。

まずは学校で

推薦入試を受けるためにはいきなり入学を希望する学校に申し込みをするということは基本的にできません。推薦入試に向けて推薦をするのは所属をしている学校の校長であり、この校長の推薦がないと受験をすることができません。そこで推薦入試を受験したい場合には、まず受験予定の学校に推薦の枠があるのかどうか、さらには推薦を受けるためにはどのような条件を満たしておくとよいのかということを確認しなければいけません。どんなに成績がよい生徒であっても学校側が求めている推薦の条件にあてはまらなければ出願をすることができません。こうした情報は学校のホームページや所属している学校の進路指導の先生が資料を保有しているので訪ねるのがよいです。